イタリアのエキストラバージンオリーブオイルとは!特徴紹介

オリーブオイルについて

 

こんにちはTavola Felice(タ―ヴォラ フェリーチェ)です。

今回は前回に続きエキストラバージンオリーブオイルの生産国を

書いてきたいと思います。

前回のスペイン編に続き今回はイタリアです。

イタリアは世界生産国第3位です。

イタリアは食の世界をリードするオリーブ生産国
オリーブオイルのトレンドはいつもイタリアから発信されます。

新しい研究の成果、消費者の好み、いったんトレンドの流れが
決まれば一斉にトレンドに向かう機動力もイタリアらしい!

スパイシーなオイルへの好み、早摘みアーリーハーベストの
ブーム、有機栽培への転換、そして完熟オイルへの回帰など
他の国に先駆けて流行を作っています。

イタリアは常にオリーブオイルの先頭を走ることを意識して
オリーブ栽培をしています。

そんなイタリアの生産地は大きく分けて3つに分けれます。
北部・中部・南部の3つです。

ではまず北部からいってみましょう!

北部

イタリアでもっとも人気のある観光地のひとつリビエラのある
リグーリア海沿岸は海岸線のすぐ近くまでアルプス山脈と
アペニン山脈がせまり平地と谷の傾斜地にオリーブが栽培されています。

ガルダ湖はオリーブ栽培の北限です。

ウェネト州・ロンバルディア州にまたがってオリーブ栽培が
されています。

またガルダ湖のオイルはドイツの詩人ゲーテが愛したことでも
有名です。

北部の主要品種

北部のオイルの特徴は繊細でエレガント・デリケート・スウィート
マイルドという形容詞がぴったりなオイルです。

タジャスカ・・・マイルドでリンゴの香りが特徴のオイル
オリーブでは数少ない自家受粉が可能な品種で単独栽培
されています。

中部

トスカーナ州は生産量数パーセントながら、イタリアでもっとも
有名なオリーブオイルの産地

世界的なワインの銘醸地ですが、ワインメーカーの中には
すぐれたオリーブオイルを作っている生産者も多くいます。

キャンティなどが有名で異なるオイルを作っており
どちらも最高級のエキストラバージンオリーブオイル
として知られています。

中部の主要品種

モライオーロ種・・・非常に辛く緑が濃くポリフェノールの
含有量が高いのが特徴です。

フラントイオ種・・・スパイシーかつ繊細でモライオーロ
とバランスをとるためによくブレンドされることがあります。

レッチーノ種・・・スウィートでフルーティなのが特徴
こちらもモライオーロとのバランスを取るためによく
ブレンドされます。
【スムージー4個お試しボックス】パーソナルスムージーならGREEN SPOON!

 

南部

 

南部はオリーブの大産地、プーリア州が50%・カラブリアが20%
この2州だけでイタリアの生産量の70%も占めています。

プーリア州のオイルは濃厚で香りが高く、フレッシュなアーモンド風味
が感じられる。

カラブリアはストロングタイプ・カンパーニャのオイルは緑から
黄色まであり、シチリア州は生産技術が非常に発達しています。

南部の主要品種

コラティーナ種・・・収穫時期によりますが苦くて辛いのが特徴の
オイルです。

オリローラ・・・軽い苦みがあり、野性味の強いオイルが特徴です。

まとめ

いかがでしたか?

食のトレンドとして世界に発信力のあるイタリアはすごいですね!

イタリア料理にはエキストラバージンオリーブオイルは欠かせない
ですよね!

エキストラバージンオリーブオイルのラベルには品種の明記の
されていることが多いので参考にしてみてください。

関連記事も合わせて読んでいただければ嬉しいです。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。



 

 

 

Follow me!